ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

青空文庫

2017年3月28日 (火)

青空文庫を読む(5)

番号は前回のつづきになります。

32.津田左右吉「日本歴史の研究に於ける科学的態度」

 古代史は、文献資料に関する限り確かめようがないので、古代の人がそう思っていたという思想史・精神史研究の材料であって、歴史事実として利用する必要はない、と主張した作品。結局、何らかの物証が出るまでは、そうした態度が「科学」的かもしれません。

33.狩野亨吉「歴史の概念」

 正直、分かったような分からないような。

34.喜田貞吉「旃陀羅考」

 副題は「日蓮上人はエタの子なりという事」。本人がそう書いているし、そういう風に書いている書物も江戸時代ぐらいからで始めているが、実際はどうか、というもの。「漁師の子」なので、殺生に関わっている職業の子と言うことで、仏教的基準から本人がそういう風に述べたものだろう、とのことです。

35.三木清「政治の論理と人間の論理」

 三木清の時代から、ソ連の「非人間」的政治状況について言及されていたんですな。そう考えると、日本の共産党に同情的であったからといって、ソ連のスパイというような雑な歴史観が時折顔をだすのは如何なものか。ソ連とは別の要因があったことも考えるべきでしょう。もちろん、現在においても。

36.木下尚江「幸徳秋水と僕」

 管野スガとの関係について問いただされると、「然し君。僕の死に水を取つて呉れるものは、お千代だよ」と自分の妻の名前を上げて恬然とする秋水に対して、木下もその言葉に「僕は胸がカラリと晴れた」とかいっているのだから、いい気なもんである。


本・書籍ランキング
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2017年3月21日 (火)

青空文庫を読む(4)

番号は前回のつづきになります。

27.有島武郎「小さき者へ」

 母親と死別した子どもたちへの書簡のような形式で書かれた作品。モデルは自分自身なのでしょうけど、これだけ母親を失った子どもたちへの愛を語りながらも、数年後には夫ある婦人と恋愛事件を起こした末に心中してしまって、子どもたちに両親ともに失わせるのだから、やはり作品と作者は分けて読まないと感動は薄れますな。

28.三木清「哲学はどう学んでゆくか」

 一冊の本と格闘することが哲学理解の第一の道という考えなので、乱読派の私としては耳が痛いところです。

29.島木健作「赤蛙」

 ふと目にしたものに異様に心動かされることってありますよね。私は、以前、京都の天龍寺の庭園のベンチでみかんを食べている母子を見て、なぜか言いようにない感動を覚えたことを思い出します。

30.喜田貞吉「「日本民族」とは何ぞや」

 さまざまな民族が同化融合して「日本民族」が作られたという考え方なのですが、古代史における謀略によって他部族たちを従えていく物語を、「謀計を以てその巨魁を誅戮し、以て多数の民衆を安んぜしめ給うたのであった」との理解が新鮮でした。『日本書紀』などがあけすけにそういった話を書いているのを如何なものかと思っていましたが、そう考えると私も理念上の武士道的な発想にとらわれていたのかもしれません。

31.宮沢賢治「風の又三郎」

 昔読んだように思っていましたが、さっぱり覚えていませんでした。しかし、これって一体何の話だったのでしょうか。そして、多くの人は何に感動しているのでしょうか。



本・書籍ランキング
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2017年2月16日 (木)

青空文庫を読む(3)

 番号は前回のつづきになります。

23.吉野作造「蘇峰先生の「大正の青年と帝国の前途」を読む」

 当時のベストセラー『大正の青年と帝国の前途』を吉野作造が読み、今の青年に忠君愛国の精神がないと嘆いている蘇峰に「何の感想も浮かばない」と切り捨てている。明治の蘇峰は、「天保老人たちよ、去れ」と鼓吹する青年の代表であったが、次世代の思想家・吉野作造による世代交代を象徴するエッセイ。

24.喜田貞吉「国号の由来」

 百済人が、「東方」を意味する「日本」という言葉で、現在の「日本」を呼んだことに始まり、「日の本のヤマト」と「ヤマト」の枕詞であった「日本」を「ヤマト」と訓ずるようになり、それが当時の唐王朝の発音で「ニッポン」、つづまって「ニホン」と呼称するようになったと述べています。「日本」もしくは「日の本」が「東方」を意味する言葉であったというのは、後々の日本語においても東北地方や北海道、千島列島を「日の本」と表していたことからもわかるといいます。本筋からは外れるものの、邪馬台国問題に関しては、神功皇后時代に滅ぼされた筑紫地方の山門の土蜘蛛の祖先であろうとしています。つまり、倭国は「日本」に滅ぼされたのであった、というのが喜田の主張です。

25.津田左右吉「建国の事情と万世一系の思想」

 神話と歴史の違いというものを強調し、歴代天皇の系譜は崇神天皇より前は信用がならないし、歴史的事実の記録としては仲哀天皇までは当てにならないとします。しかし、津田が強調しているのは、系譜的に認めても良い崇神天皇より前から、近畿地方に皇室の祖先が周辺の小国の中で指導的な立場にあり、神武天皇の東征というような分かりやすい事件によって建国の時期があるというよりも、長い歴史的過程を経て漸次に形づくられたのが日本の建国であって、特定できる建国の時期はない、というものです。
 このように始まりが明確でないところに、皇室の特殊性があり、それだかこそ、昔から続いているものだから、それを廃止するよりも長く維持させようとする思想を歴史的に形成された、とも述べます。そしてまた、皇室は「国民的結合の中心であり国民的精神の生きた象徴であられるところに、皇室の存在意義がある」と指摘し、国民主権となった時代においても、それに適合した皇室あり方を考え、「われらの天皇」として愛することが民主主義の徹底した姿である、と主張しています。

26.菊池寛「応仁の乱」

 応仁の乱についてのエッセイであるが、将軍継嗣問題や日野富子などはほとんど言及せずに、足利義政、細川勝元、山名宗全の三者の個性のぶつかり合いとして描いています。義政に関して、統治者としての能力はないものの、あれだけの大戦争を引き起こしながらも将軍の地位を守って生き残ったのだから、大した「政治家」であると評価している。何だか、『三国志』の劉禅有能説のような話で、統治者としての能力と保身に長けた小利口さとは別の才能なんでしょうな。

よろしければ、クリックお願いいたします。


本・書籍 ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2017年2月13日 (月)

週末読んだ青空文庫

番号は、前回のつづきになります。

16.谷崎潤一郎「春琴抄」

 ラストの美しさで忘れがちだけど、これってSM小説だったのね。

17.宮本百合子「女性の歴史の七十四年」

 明治維新以後の女傑から職業婦人、女性参政権運動、そして選挙権を受けた後の女性の歴史。自主的でありつつ、公共的な心を持ってこそ、政治が可能となると述べています。

18.竹越三叉「深憂大患」

 日清戦争後、朝鮮半島を勢力下におさめた日本は、その朝鮮があるがために、危機と隣り合わせの状態になりかねないと警告。それは、朝鮮の政治家の独立を維持するための戦略としての「事大主義」によって他国の干渉を呼び込みやすい土壌に原因があるので、いっその事併合してしまった方が良い、との主張も述べています。

19.竹越三叉「世界の日本乎、亜細亜の日本乎」

 これも日清戦争後の日本について。日清戦争によって東アジアの覇者がどの国かわかったものの、それがために「亜細亜の日本」など目指すべきではなく、「世界の日本」を目指すべきことを主張。なぜなら、「亜細亜」というものに実体などないのだから。

20.竹越与三郎「日本の真の姿」

 竹越史観のエッセンスの講演録。日本も世界の各国と同様に奴隷経済、土地経済、貨幣経済と段階を踏んで発展したと説明し、奴隷経済時代に現れた「荘園」が奴隷を終わらせ、土地経済時代に浸透した貨幣が次の時代を開いたといいます。
 これによって、よく理解できたのは、後三条天皇親政時代の荘園整理令によって、自分たちの土地が奪われるのを恐れた関東の武士が戦功著しい源義家に自分たちの名義人を依頼して、土地整理を免れ、これを期に関東で武士が台頭した、というもの。荘園整理令には、こういう意味があったのですな。
 こう考えると、日本の歴史において、あまりに中央集権的な権力行使をすると民主化が起きる、という法則があるのかもしれません。後三条天皇の後に貴族の土地管理人に過ぎなかった武士が台頭し、後醍醐天皇の後に馬や先祖伝来の名刀などもたない足軽などが登場して旧来の支配秩序を解体し、井伊直弼の後に下級武士の「革命」が起き、明治新政府の中央集権化の後に地主農民らの民権運動、昭和期の戦時統制の後に戦後民主主義が登場しています。権力の集中が、逆に権力の下降化をうながすようです。

21.新美南吉「手袋を買いに」

 小学生の時に教科書で読んだ通りの印象で、ほとんど変わらない。これって逆にすごくないか。小学生にも過不足なく、情報を与えているのだから。

22.津田左右吉「歴史とは何か」

 歴史家は、史料の収集や分析はもちろんのこと、それらから浮かび上がる人間の行為が他の諸事情との関係の中で、どのような精神が横たわっているかをみる哲学者の目が必要であると同時に、その史料の欠を補う詩人の素質も必要と説く。しかし、自身の見方に偏りがないか、常に自省することの大切さも述べています。

よろしければ、クリックお願いいたします。


本・書籍 ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2017年2月 9日 (木)

「青空文庫」を読み始める

 Kindle Paperwhiteは以前から所有していたのですが、どうも電子書籍の価格が高くて、急がないならBOOKOFFで買ったほうが得じゃないか、と思って、ほとんど使っていなかったのです。

 ところが英語の再勉強にと思って、Kindleで英語の本をダウンロードして読み始めていたので、何となく身近においていたのです。そうしたら、KindleからAmazonに入った時に、カテゴリーに「青空文庫」とあって、クリックしてみたら、驚きの充実度。しかも、長編の全部収録も99円で買えるものがあると知って、これは使うしかない、といろいろダウンロードしてしました。
 ランキング上位と目についたものから、読んだことないものを選んでざっと目を通すことにします。

 先日から、読んだものを一言コメント入りで紹介します。

1.坂口安吾「堕落論」

 そういえば、読んだことがなかったわ。自己の欲望を隠蔽して建前で生きていた戦前の社会から、一度「堕落」して、自己利益や選好する価値観に浸ってみる。そうした上で、自分たちの利益や価値観に都合の良い「建前」をつくっていきましょうよ。とか、そうしたもののようですね。

2.菊池寛「真田幸村」

 最初の方で、「幸村」は江戸時代に作られた名前と書かれているのですが、菊池寛の時代から指摘されていたのに、なかなか大衆文化の中に浸透しなかったのですね。そう考えると江戸時代の文化の強さというのはあなどれない。

3.丘浅次郎「戦争と平和」

 平和とは次の戦争への幕間である、という悲観的な国際政治観を披瀝したエッセイ。同じ進化論者の加藤弘之は戦争はなくならないとしつつも、将来的には経済や文化の一体性が高まって世界政府(「宇内統一国」)が成立すると考えていたのを暗に批判しています。しかし、平和が幕間であったとしても、日本は長い歴史の中で、一時的に集中的な戦争時期があるものの、幕間の方が長いような気がして、地政学的に良い国なのではないかとも思えました。

4.丘浅次郎「人道の正体」

 人道の正体とは、利他心が他の社会的動物に比べて希薄な人間が他の種族との生存競争に勝ち抜くための社会的・文化的なルールであると指摘しています。そうしたイデオロギー暴露というよりも、だからこそ利他心を強調しなければならない、という辺り、当時の日本は集団主義とは程遠く、よほど利己主義的な人が多かったのでしょう。

5.宮沢賢治「雨ニモマケズ」

 折にふれて読み返すように、端末の方に保存しておきましょう。

6.宮沢賢治「『注文の多い料理店』序」

 これはひどいな。これ「注文の多い料理店」ではなく、単行本の『注文の多い料理店』の序文ですよ。ランキング上位なのは、みんな「注文の多い料理店」を読みたかったからでしょう。こんなの分冊するんじゃないよ。

7.小林多喜二「蟹工船」

 明治の社会主義者の「志士仁人」的前衛に頼ってはダメだ、労働者各人が意志を持って団結して革命に当たろう、というメッセージが最後にありますね。使用済みの猿股を部屋の端っこにすてておくというのは、どういうことなんでしょう。当時の荒くれ者たちは、そんなこと気にしなかったのでしょうね。

8.桑原隲蔵「支那人間に於ける食人肉の風習」

 古代から中世にかけての、飢餓や復讐や籠城、嗜好のために中国人が人間を、とりわけ生きている人間を食べるために殺したという事例をあげている作品です。しかし、大半は、実際食べたのか、修辞として書いているのか、判別しがたいものもあります。ただ、人肉を食べる話を中国人が好んでいたことは確かです。
 日本では、ほとんど見られないと書いてあって、「あれ、秀吉の高松城水攻めは?」と思って確認したら、鳥取城の方でしたね。どちらにしても、『信長公記』に書かれている有名な話に言及しないのは如何なものか。

9.坂口安吾「続堕落論」

 「天皇制」についての論評ですね。誰も真剣に尊重しようとせず、自分の意見や立場を強化するための方便として利用されてきた歴史から考えれば、本音を吐き出すことから、本当の自由やルールが作られると考える著者とすれば廃止した方が良いと主張しています。

10.宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」

 動物たちからちょっかい出されて、毎日朝まで楽器を弾いていたら、超絶巧くなっていたという話。

11.服部之総「新撰組」

 公武合体の尊王攘夷派の浪士集団として新撰組を池田屋事件までの概要。

12.服部之総「福沢諭吉」

 幕末維新期を、あくまで非政治的で、自己の政治思想を語らず文明の紹介者として、時代に影響を与えつつ、生き延びた学者の半生。それがなんでも言えるようになったのは、慶應義塾という経済基盤ができたから、というのは福澤の『学問ノススメ』で述べられているとおりでしょう。日本人よ、独立した人間になりたかったら、経営者になれ、という本ですものね、あれって。

13.服部之総「尊攘戦略史」

 古くてマルクス主義的史観ではありつつも、複雑な幕末史の概観を短いエッセイでつかむことができます。

14.加藤弘之「森林太郎「西周伝」の序」

 これも本当に「序」です。1頁に満たないものです。

15.福沢諭吉訳「アメリカ独立宣言」

 あらためて読むと、案外長いんですね。

とりあえず、15作品。長編は、少しづつ読んでいきます。

よろしければ、クリックお願いいたします。


本・書籍 ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31