ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

日本古代史

2016年8月 6日 (土)

史料で確かめられる最初の記紀の登場人物とは

 吉村武彦『蘇我氏の古代』を読んで、もう一点、興味をひかれたものがありました。

 日本史上において、史料的に確かめられる最初の日本人は誰なのか。

 本書によると、それは葛城の 「襲津彦」なのだそうです。この人物は、神功皇后から仁徳天皇の時代に記録がある人物で、『日本書紀』を編纂する際に倭国に亡命した百済人が提供した「百済記」に「沙至比跪」と書かれている人物だそうです。その「百済記」によると、沙至比跪は新羅征討に遣わされたのですが、この年が壬午年=西暦382年 で、高句麗の広開土王碑文の辛卯年(391年)に倭国は渡海して百済・新羅を臣民にしたという記述と大体において符合するというのです。
 戦後の歴史学において、神功皇后の「三韓征伐」は、神話ということで否定しているわけですが、戦後の歴史学の成果として、神功紀に登場する、しかもまさに朝鮮半島に派遣された人物が、記録として最初に確かめられる人物というのは、何とも皮肉なような気もします
 この襲津彦は、伝説上の人物である武内宿禰の第八子なのですが、では武内宿禰が実在の人物かというと、そこは何ともいえないというのが難しいところです。

 また、国内史料の方からの候補としては、稲荷山古墳出土の5世紀後半に制作されたとされる金錯銘鉄剣に書かれた「獲加多支鹵(ワカタケル)」が、雄略天皇に当たるとして有名です。しかし、この銘文にはもう一人、記紀に登場する人物がいます。それは鉄剣の製作者の祖先に当たる「意富比垝(オオヒコ)」が、『日本書紀』崇神紀にみえる四道将軍の一人「大彦」ではないか、というのです
 この大彦という人物は、第八代の孝元天皇の第一子で、崇神天皇の伯父にあたります。このように考えると、「欠史八代」と言われた1人の孝元天皇の息子の存在が確認されたともいえます。そうすると、その「神話」である、という考え方も再考が必要では、と考えられます。もっとも、吉村武彦氏は、錯銘鉄剣が制作された五世紀に「大彦」伝説が伝わっていたことが確認できるというのみで慎重です。大彦までいったのだから、孝元天皇まで言及すればいいじゃないか、でも言及がないのだから、孝元天皇は実在しない、という考えも成り立つので、難しいところなのかもしれません。
 この孝元天皇というのが、意外とキーパーソンで、先の襲津彦の記録も、『古事記』孝元天皇の段で、建内宿禰の第八子「葛城の長江曾都毘古」として書かれております。現在の記紀においては、何のエピソードもない孝元天皇なのですが、古代においては重要人物だったのでしょうか

 先の参議院選挙の選挙特番で、神奈川県選出の三原じゅん子参議院議員が、神武天皇の実在を明言したことが話題になりました。現代の公職にある人が、メディアの前で、そんなことを言うのは驚きですが、現在の天皇の代数を公式には125代と政府の発表でも述べられているわけですから、建前として神武天皇の実在を言うのは逆に当然なのかもしれません。しかし、この「事件」によって、考えたのは、この三原発言を揶揄している人たちにとって、どの天皇からだったら実在を主張していいことになるのだろうか、ということです
 本書の著者である吉村武彦氏は、岩波新書の古代史シリーズの『ヤマト王権』で第10代の崇神天皇が初代であると明記しています。とすると、崇神天皇の実在は確認されているのでしょうか。先ほどの襲津彦ほど他の史料で確認が取れているわけではありません。記紀の記述から推測しているだけです。では、襲津彦の同時代人である神功皇后かといえば、恐らくこれも明言したらバカにされるでしょう。現代の歴史学において、伝説とされているからです。では、応神・仁徳天皇か。これもはっきりしたことは分かりません。
 史料的に確認できるのは、雄略天皇かも知れません。『宋書』『梁書』の「倭王武」に比定されていますし、先ほどの稲荷山古墳の鉄剣銘の人物とも符合します。しかし、その後の天皇はどうでしょうか。
 
一般に紀年の記録が実際と符合するようになったということで、実在が確からしいとされるのが継体天皇ですが、その応神天皇の五代の末という出自や没年が記紀、『上宮聖徳法王帝説』、『元興寺伽藍縁起』で異なるなど、これまた実在が疑わしいともされます。また『古事記』だけの記述では、継体天皇前後から推古天皇まではほぼ系譜のみです。推古天皇に関して言えば、遣隋使を送った時の天皇であるにもかかわらず、『隋書』には推古女帝に関する記録はありません。人によっては、九州王朝説の根拠ともなっています。そうなると分からない、というのが正直なところです。
 このように考えると三原発言というのは、単に前時代的な迷言で片付けるのではなく、では、どの天皇からがはっきりと言えるのだろうか、と立場を鮮明にした上で批判すべきなのではないか。そんな気がしたんですよね。だから、分からないと判断する私には、気軽に批判できる発言ではなかったのでした。自分の知的優位を確信して、人のことを揶揄できる人は本当に羨ましい限りです。
 もっとも安全なのは、日本という国号と天皇という称号が確定した飛鳥浄御原令の成立した689年時点の持統天皇を挙げることかもしれませんそうなると、現皇室の王朝名としての「日本」が誕生した689年より前は日本ではない、神話の世界のお話として考えるのが良いのかもしれません。もっともこの飛鳥浄御原令自体も現存してはいないので、ここでの確定もはっきりしたことは言えないのですけれども。

よろしければクリックお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2016年8月 5日 (金)

吉村武彦『蘇我氏の古代』

点検読書212

岩波新書(2015年12月15日)刊。


日本古代史


欽明天皇から皇極天皇の時代に仏教を導入し、絶大な権力を誇りつつも、乙巳の変で滅ぼされた蘇我氏。本書は、蘇我氏の登場から大化の改新後の蘇我氏傍流とそこから派生した石川氏への流れとともに、日本の氏族制度と律令国家の貴族官僚としての藤原氏の登場までを描く。


五部構成

1:日本古代の氏族(一)

2:蘇我氏の登場(二)

3:蘇我氏の隆盛(三)

4:大化の改新(四)

5:蘇我氏から藤原氏へ(五)

コメント
 本書は、蘇我氏の登場から衰退、そして蘇我蝦夷・入鹿親子の滅亡後の蘇我氏を描いているものです。通史的な教科書を読んでいると乙巳の変で、蘇我氏は滅びてしまったんだろうな、と思ってしまいますが、実は傍流として生き残っていて、後に「石川氏」として律令国家の官僚貴族として活躍していったことが述べられています。そういえば、乙巳の変の際に、三韓からの表文を読んでいた倉山田麻呂は、蘇我氏の出でしたから、この事件は蘇我氏を滅亡させた事件ではなく、蝦夷・入鹿親子を葬り去った事件であったのは、考えてみれば分かることでした。
 そうしたわけで、その後の蘇我氏についても書かれているのですが、興味を惹かれたのは、冒頭の日本における氏族について書かれていたところでした。
 そもそも氏族とは何かですが、まず中国の「宗族」についての説明があります。それによると、中国の宗族とは、共通の祖先から生じた男系の血縁集団を表し、その集団を「姓」と呼びます。この名乗っている「姓」によって、同族か否かを知ることができるのですが、血縁集団が非常に分かりやすいので、同じ姓の男女は結婚しないという同姓不婚の原則があります。この同姓集団のことを人類学において「氏族(クラン)」というのだそうです。
 この姓から派生し、政治的由来や居住地名などによって成立した血縁集団を「氏」といいます。例えば、官職名の司馬や国名の曹が氏となって血縁集団を表すようになりました。しかし、こうした姓と氏の違いというのは、秦漢時代には区別されなくなって、同義として使われるようになったというのです(14頁)。
 一方の日本はというと、もともとは、そうした血縁集団はなく、名前だけであったようで、例外的に、中国と交渉する際に王族が、「倭」を姓としていたようです(例えば、倭の五王の武は「倭武」)。また、渡来系の人物が、姓を名乗っています(司馬曹達など)。しかし、これらは中国との関係で名乗られたもので、日本国内の事情によって生じたものではありませんでした。そのため、中国との交流に距離を取り始めると、王族=皇室は「姓」を名乗らなくなります。言ってみれば、中世の対中貿易するために足利義満が「日本国王」として冊封される必要があったように、姓と名があることが文明国のあかしとして考えられたということでしょう。
 日本の事情で生じたのは、「杖刀人(じょうとうにん)」や「典曹人(てんそういん)」など王権に仕える職掌集団が血縁グループとして使用されたと推測されます。これを本書では「人制」と呼んでいます。これが後の社会的分業集団にあたる「部民制」へと移行したと論じます(馬養など)。そして、その後に物部氏などの氏族が誕生したという流れになります。
 そうなると、日本の氏族集団というのは、あくまで王権に奉仕する集団で、そうした名乗りを与えるのは、職掌を与える王族となりますので、王自身は「氏」を名乗る必要がなくなります。その後、この職能に関わる氏から「源・平・藤・橘」に見られるように、地名などから採られた名称を天皇から与えられる姓へと転換しました。
 ちなみに、こうした氏・姓は天皇から与えられるものであり、姓と名を続けて読む際には、「○○の☓☓」と「の」をつけます。「の」がつかない「氏名」・「姓名」は地名などから自ら名乗りはじめた「名字(苗字)」になります。

 また、蘇我氏というと仏教導入を進めたことで有名で、蘇我稲目以前の系譜でも百済の高官「木満至」に似た満智やそのものズバリな韓子、高麗と朝鮮半島っぽい名前が付いているので渡来系氏族と推定されることもあります。しかし、著者は『日本書紀』継体紀に、日本人の男が隣国の女を娶って生ませた子を「韓子」とするという記述を引いて、「韓子」自身が渡来系であるなら説明がつかないとして、異国へのあこがれが強いとは考えられるものの、渡来系氏族とは考えられない、と指摘しています(60~61頁)。この辺りは、漠然としたイメージで考えていたことがクリアになったので、勉強になりました。

 こうした小ネタが興味深かったのですが、もう一点、興味が惹かれた話題がありました。それは次回に。

評価 ☆☆

よろしければクリックお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2016年4月28日 (木)

遠藤慶太『六国史』

点検読書181

副題は、「日本書紀に始まる古代の「正史」」。
中公新書(2016年)刊。


日本史――古代史


「六国史」とは、『日本書紀』、『続日本紀』、『日本後紀』、『続日本後紀』、『日本文徳天皇実録』、『日本三代実録』と天地の始まりから平安中期の887年8月までの皇室を中心とした古代国家の「正史」であり、古代史の根本史料である。本書は、この歴史書の成り立ちから内容、そして中世、近世、近代における読み継がれ方を論じる。


五部構成

1:「六国史」の総論(序章)

2:『日本書紀』の構成と内容の検討(第一章)

3:桓武天皇と『続日本紀』『日本後紀』(第二章)

4:平安時代の記録としての『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』(第三章)

5:読み継がれた「正史」(第四章)

コメント
 『日本書紀』に関しては、一般の古代史への関心の高さから、その内容の真贋をめぐるものまで汗牛充棟の研究の歴史があるものの、その後の五つの歴史書への関心は低いです。もっとも、これは一般の歴史ファンの認識であって、プロの歴史家は、違うようです。本書に述べられているように、1953年12月から始まる続日本紀研究会によって、実はもっとも充実した研究があるのは『続日本紀』であるらしいのです。やはり、『日本書紀』を歴史学として研究するには、対象する文献の少なさから、学問よりも素人的コジツケの方が面白い発想ができますし、確実に誰が見ても同じことの言えないものは学問ではありませんので、研究者が取り組むものではないかもしれません。
 そういった意味で、本書の価値というか、醍醐味は、『続日本紀』以降の歴史書の紹介にあるのですが、私自身はどちらかと言うと歴史ファン的視点で古代史を見てしまうので、やはり『日本書紀』に関する記述が面白かった、という情けない感想しか抱けないのです。
 著者の『日本書紀』評なのですが、わりかし尊重する、という立場です。例えば、戦後歴史学において、「常識」とされる「欠史八代」については、「実在が疑問視された八代という意味」と軽く言及されているのみで、他の場所では「紀年」にこだわったがために、天皇の在位年数や年齢が不必要に引き延ばされているとして、存在そのものに関しての否定はしていません(38頁)。また、これも戦後歴史学において否定されてきた神功皇后の存在も、「ためらいながらも、皇室系譜のうえで神功皇后が存在したことまでは、認めてはよいのではないかと考えている」と控えめながらも勇気ある発言をしているのが注目される(46頁)。
 その上、本書において真面目さを感じるのは、『日本書紀』記述と古代朝鮮の歴史書である『三国史記』百済本紀と広開土王碑の記述を対照させて、応神天皇8年(西暦277年)の記述と他の記述を比較して、倭と百済が同盟結んだのは397年であり、120年のズレがあることを指摘します。さらに神功皇后52年(252年)に七枝刀(=七支刀)を献じた百済王(近肖古王)の在位(346~375)と石上神宮の七支刀の銘文「泰□四年」は東晋の太和四年(369年)で、やはり約120年のズレがあることを論証して、この時期のズレはそれぐらいで、推測していくことは可能であることを示唆しています。この120年のズレ自体は、倉西裕子さんという方が提唱しているようですが(本書にはとくに言及がない)、最近の古代史もずいぶんと風通しが良くなったのだな、と思いました。
 あと、『日本書紀』の想定読者は、資料を提供した官人たちであり、彼らの反応を無視した歴史を描くことは難しいだろう、と指摘していることも重要です。神話や遠い過去は、「現在」の政治の反映であるという説が一時期はやりましたが、それは可能だろうか、というもっともな意見が出始めたということです。つまり、当時の編纂者は、かなり真面目に歴史を編纂していたことを尊重すべきではないか、ということです。
 その一方で、やはり『日本書紀』における大友皇子と天武天皇をめぐる壬申の乱、『続日本紀』や『日本後紀』における桓武天皇と早良親王という「現代史」を書く際には、やはりある程度の配慮が必要になり、「事実」とは異なる記述があることも注意しなければならないことも指摘されています。
 本書を通読して思ったことは、やはり前代の「皇国史観」のようなものを躍起になって否定しなければならなかった時代とは異なり、素直に古代史に向き合うことができるようになった世代が出てきたのかな、という印象です。
 でも、まぁ、それにしても本書で指摘されて初めて気づいたのだけど、日本の政府というのは、『日本書紀』はともかくもその他の『六国史』に関しては冷淡で、国を挙げて刊行するという事業をやって来なかったのね。やはり奈良時代の仏教ばやりが、宗教嫌いのこの国においてはあまり再評価したい時代じゃなかったのでしょうか。

評価 ☆☆

よろしければクリックお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2016年1月17日 (日)

若井敏明『邪馬台国の滅亡』(吉川弘文館、2010)

点検読書100

副題は「大和王権の征服戦争」。


歴史――日本古代史


『魏志倭人伝』を素直に読めば、邪馬台国の所在が北九州一帯にあったことは明らかである。また、『古事記』『日本書紀』の景行天皇の熊襲親征と仲哀天皇の北九州親征の記録を合わせて考えれば、女王国の範囲とその滅亡の過程がおのずと明らかになる。つまり、邪馬台国とは、北九州の地方政権であり、同時期に大和地方で勢力を増していた大和王権に征服された国なのであった。


五部構成
1:プロローグとして考古学に頼るのではなく、文献資料を十分に活用すべきことを主張。
2:北九州の邪馬台国と近畿の大和王権の併存を主張。
3:続柄の不明確な天皇を一系としてしまったとの指摘や王族中心の国家経営について。姻戚関係などを元に類推。
4:大和王権の起源として、玉・刀剣・鏡を神宝とするのは九州王権の特徴であり、二世紀初頭の帥升の時代に博多湾から玄界灘の沿岸(筑紫の日向)から東遷した人物ホホデミがいたことを主張。
5:卑弥呼後の邪馬台国とその滅亡。

コメント
 「女王国の東に海を渡ると国があって、それらも倭種である」という趣旨のことが『魏志倭人伝』に記述されているので、邪馬台国は九州にあると考えるのが自然だと思うが、世間では先端地域=邪馬台国というイメージがあり、近年の発掘結果から、大和纒向が有力となりつつある。しかし、著者もいうように、戦国時代に関して日本側に史料がなく、中国の史料で大内氏や大友氏の繁栄の記述があったら、我々は大内氏の本拠地を戦国時代の中心地である京近辺にあると考えてしまうのだろうか。古代の一元的勢力観ではなく、多元的勢力観を提示して、近畿説を否定したのは嬉しい限り。


本・書籍 ブログランキングへ

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31