ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

科学

2016年4月25日 (月)

ジェニファー・アッカーマン『かぜの科学』

点検読書179

副題は「もっとも身近な病の生態」。
ハヤカワ文庫(2014年)刊。
原著は、Jennifer Ackerman "AH-CHOO! The UncommonLife of Your Common Cold", 2010.


ノンフィクション――科学


人間が風邪をひくのは生涯に200回。これだけ身近な病気であるにも関わらず、いまだにワクチンもなければ特効薬もない。それは一体なぜなのか。また、そもそも風邪はどのような病気であり、どのような経路で侵入して、発症し、治っていくのか。効果的な予防法や治し方はあるのか。


五部構成

1:そもそも風邪はどういう経路で罹患するのか(第1章)。

2:風邪のウィルスはどこに潜んでいるか、またウィルス自体について(第2~3章)。

3:風邪の症状、罹患しやすい身体、風邪が引き起こす合併症、風邪の特効薬への苦闘(第4~7章)。

4:風邪の予防法お風邪とのつきあい方(第8~9章)。

5:風邪の症状への対処法とさまざまな民間療法や売薬について(付録)。

コメント
 風邪をひきました。本書にも書かれているように、もっとも風邪にかかりやすいルート。子供のいる家庭というルートです。子供が健診の会場でお互いのオモチャを舐めまわした結果、もらってきた風邪を親がもらったというかたちです。
 そんな風邪の気分なので、いやそもそも風邪とは何ぞや、と思って読んでみました。

 本書によれば、ほぼ確実な風邪の侵入経路は、手に付着したライノウィルスが鼻や目の粘膜を通して、喉の咽頭扁桃に到達し、そこの体細胞に入り込んで、自身のコピーを続々とつくりだして、新しく生み出されたウィルス粒子を周辺の細胞に放出して感染させる。そして、ウィルスが鼻の分泌物に放出されるようになる
 この時には、だんだんと喉がいがらっぽくなってきて、鼻水が出始めるなど自覚症状がある。その間、約8~12時間。24時間ほどで感染は完了し、ピークは48~72時間の間である。
 喉の痛みの正体は、身体が喉の奥の感染細胞に血液を送り込んで、周辺組織の血管を広げる化学物質を放出する。そのため、つばを飲みこむと、拡張された血管によって喉の神経終末が圧迫されて喉に痛みを感じる。
 鼻のつまりは、鼻水が溜まっているからではなく、鼻道の側面にある鼻甲介と呼ばれる海綿状組織が腫れ上がっているためであり、鼻水を景気よく放出しても治るわけではなく、かえって副鼻腔炎を引き起こしてしまうので避けたほうが良い
 咳は、身体が産出する化学物質が喉頭や気管にある神経終末を刺激することで、そこに何か排除すべきものがあると身体の方で思い込むため、横隔膜を上下動させて肺からの乱流を吐き出す現象である。
 鼻水や咳は、ウィルスを外に洗い流して排除しようとする体の働きであるから、無理に止めないほうがいい。

 ここから見ていくと、風邪ウィルスというのは、経口ではなく、目と鼻の粘膜を通して、侵入してくるのが分かります。どうやら最近は、空気感染派は分が悪く、風邪に罹患した人が分泌した鼻水が手についた状態で、色んな物をさわり、それを別の人がさわって、その手で目鼻をさわるということが経路ということになります。
 そうすると、予防法は、「ピュレル」等のアルコール消毒液を常備してウィルスが手につきにくい状態をつくる、よく手を洗う、目鼻をさわらない、ということになります。案外簡単に思えますが、意外と我々は目鼻をよくさわっているらしいのです。
 あと、治し方ですが、結局のところ、「何もしない」というのが正解らしく、水を大量に飲むのも脱水症状を防ぐという程度の摂取量で良くて、それ以上は有害。ビタミンCは免疫を高めるわけでもないしウィルスを殺すわけでもない。抗生物質は、細菌の細胞膜形成を阻むもので、細胞膜のないウィルス自体を殺すものではない(ウィルスに感染した細胞を殺すもの)。意味がありそうな民間療法は、塩水でうがいをすることで、腫れた喉の水分を滲み出させて圧迫(=痛み)を軽くするぐらい(250cc弱のぬるま湯にティースプーン2分の1杯の塩を溶かしたもの)。
 つまり、おとなしく寝てろ、ということしかできないようなのです。
 科学というときっちりと答えがあるように思えてしまいますが、やはり解明できていないものが多く、逆に、これが答えだ、といってしまっているもの、例えばビタミンCが風邪を治す、とか、にんにくエキスで免疫を高める、というのは怪しいか、お商売の宣伝文句でしかないということになります。
 こうした間違いや不正確さは分かるものの、正解がない本なのですが、ジャーナリストが書いたものだけあって、読みやすく面白い本です。
 2009年のイグノーベル賞公衆衛生賞は、ガスマスクになるブラジャーを制作したエレナ・ボドナーという人なのですが、授賞式でおもむろに胸元からホットピンクのブラジャーを取り出し、手早く分解して、2008年のノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンの赤面する顔に片一方のマスクをかけた、というエピソードはなかなかおもしろいです。
 その他、公衆トイレで手を洗わない人の比率は、男性37%、女性22%(ジョン・F・ケネディ空港調べ)は、何となく分かります(いや日本の駅の男性用トイレはもっと多いかもしれない)。

 風邪についての近年の動向について、知るにはおすすめできる本です。

評価 ☆☆☆

よろしければクリックお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2015年11月 6日 (金)

和田純夫『量子力学が語る世界像』(講談社、1994)

点検読書33

副題は「重なり合う複数の過去と未来」

①物理学

②量子力学を全宇宙にまで広げて理解する際に、「多世界解釈」で考えれば、すべてのことに無理のない解釈が可能となる。

③原子の解説、量子力学の誕生、多世界解釈、シュレディンガーの猫について、宇宙論、多世界解釈による世界像。

コメント
分かったような分からなかったような。

原子核の周りの電子等を総称した量子の世界では、我々の世界の物理法則とは異なる法則がある。粒子の動きに関しても、同じ時間・同じ観測者においても観察地点が異なる場合があるというように一定しないのである。同じ物質が、同じ時間に別の場所に存在するという不思議な現象が起きている。

これを量子力学というそうだ。

この法則を我々の世界への解釈に拡大すると、物の動きというものに客観的な=誰が見ても常に同じモノ・現象というものは存在せず、決めているのは、実は観察者の方である。本来であるなら、同じ時間にある粒子は、一点に存在していると同時に波のように空間的に広がっているので、A地点で観察される場合とB地点で観察される場合がある。しかし、観察者が確認したのはA地点である。とするとB地点にあったはずの電子はどうなってしまったのか。これを観察者がA地点で確認したのだから、A地点にしかなく、B地点にも存在したのだけど、それは考えないことにしよう、という約束事にしてしまう。そうすると、物理現象というのは、客観的なものではなく主観的なものである、という結論になってしまう。

しかし、そうすると客観的な世界というものは存在しないということになるし、同時にありえる世界が常に重なり合っている事になってしまう。

これを解決するのが「多世界解釈」である。

理解した範囲で、大雑把に考えると、A地点でもB地点でもありえたはずの粒子を観察者がA地点で確認したとする。そうするとありえたはずの観察者がB地点を確認したという可能性世界はどうなるか。分岐して別世界に存在するのである。B地点にあったことは、もはや別世界の出来事であるから、A地点にあった世界において何も影響のない関係のない世界である。だから、可能性としてあると考えるだけで、無関係と考えて良い。

このように考えてみると、客観的な世界はないかもしれない、という危うさの中から、現状我々が生きている世界の「常識」を守ったのが「多世界解釈」なのかもしれない。

いろいろ難しいことを考えて、可能性を探り、いろいろ試した結果、「常識」的な結論に達するという「哲学」的議論のような、そんな印象を受けた。

だから、有名な「シュレディンガーの猫」も、観察者の主観によって物理現象が変わるとすると、箱を開けてみなければ、猫が生きているか死んでいるか分からない。可能性の世界が重なり合っているわけである。しかし、そんなことありえるか、開ける前から、猫は生きているか、死んでいるかのどちらかしかない、という疑問である。これを「多世界解釈」からすれば、「生きている世界」と「死んでいる世界」は別の世界なので重なり合うことはない、というシンプルな答えとなっているらしい。

あってるかどうか分かりませんが、こんな感じで理解した。

2015年11月 4日 (水)

竹内薫『99.9%は仮説』(光文社新書、2006)

点検読書31

副題は「思いこみで判断しないための考え方」

①科学史

②最も「真実」を語っているように見える科学のものの見方もすべて仮説である。すべては仮説であると考えれば思い込みで人と対立することはなくなり、柔軟な人間関係を築くことができる。

③世界を認識する方法は仮説に過ぎず、確かだと思われたものも180度ものの見方が変わることもある。人は、思い込み、見たいものだけ見てしまう傾向がある。しかし、これも仮説の中で生きていると考えれば不思議なことではない。あらゆるものは仮説であるので、確からしいことも仮説にすぎない。ならば、ものごとに固執することなく、柔軟にものを考えた方が人生は楽しくなる。これらの主張の合間に科学史を交えて論じる。


最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31