ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

哲学史

2016年3月30日 (水)

小川仁志『すっきりわかる!超訳「哲学用語」事典』

点検読書159

PHP文庫(2011年)刊。


哲学


明治時代に難解な用語として翻訳されて以来、哲学はとっつきにくいものとなってしまった。本書は、哲学用語はそんなに難しい用語を使う必要があるのか、もっと簡単にすることはできないか、という問題意識のもと、普通の人が大づかみに哲学に近づくことができるための入門書として書かれている。


六部構成

1:よく目にする頻出用語(アイロニー、ラディカル、ニヒリズムなど)。

2:常識として知っておきたい用語(弁証法、アウフヘーベン、エートスなど)。

3:ワケの分からないカタカナ用語(アタラクシア、アンガージュマン、イドラなど)。

4:漢字系の用語(上部構造、超越論的、仮象など)。

5:哲学特有の使い方のある用語(批判、機械、限界状況など)。

6:本格派向けの高度な用語(現象学、定言命法、格率など)。

コメント
 木田元が、学生の頃、「形而上学」という言葉の正確な読み方に確信が持てず、できるだけ口にしたくなかった、というエピソードを語っていましたが、哲学用語とはとにかく難しい。その原因となるのが、明治時代の翻訳語にあります。明治時代とは、文明開化の時代とはいえ、それを受容した知識人たちは漢学を修めた人々でした。そのためにかえって当時の政府からの布告は、漢語だらけで庶民にとって意味がわからず、誤解を与えるようなものが多かったようです(「血税」とかが有名ですね)。
 いかにも成り上がり者特有の衒学趣味とも言えるのですが、西洋の学問たる哲学もその一つ。というよりももっとも被害を被った最たるものでしょう。先に上げた「形而上学」なんてものは、『易経』繋辞伝の「形而上者、謂之道、形而下者、謂之器」からとられていて、形あるもの、現に見えるもの、自然現象を超えたものを「道」というから採られているわけで、意味としては正しいようにも思えます。しかし、そこを理解するためには、「形而上学」から『易経』繋辞伝の意味を連想して、自然現象を超えたものか、と理解しなければならないので、儒教が一般常識ではなくなったのだから、もう「超自然学」とかに変えてほしいものですす。本書では、「自然の原理を度外視して考える学問」と「超訳」されている。
 私なぞは、「弁証法」というのが分るような分からないような理解だったので、問題提起(テーゼ)に対して問題の発生(アンチテーゼ)が生じ、その矛盾を解決する(アウフヘーベン)ことで、問題が克服(ジンテーゼ)される第三の道を創造する過程(弁証法)と解説されることで、やっと腑に落ちたように思える。
 「観念論」(=世界は頭の中でつくり上げたもの)に対する「実在論」(=意識とは別に存在するもの)とか、「認識論」(=人はどこまで知ることができるか)など、こういうのって、普通に哲学を勉強している大学院生に聞いても、分かりやすく教えてくれないものなんです。本人たちも分かってるか分からないか微妙な感じなのですが、変に勉強しているために、大掴みで教えてくれるのではなく、厳密に話そうとするので、かえって混乱してしまう。一般にある哲学事典も結局は初学者のためではなく、同業者に読んでもらうためのものだから、突っ込まれないようにわかりにくく書いてある。そうすると本書のように、あくまで普通の人が「使える」事典は哲学に興味はあるけど、入りにくい私のような者には大変助かります。

評価 ☆☆☆☆


本・書籍 ブログランキングへ

2015年12月 3日 (木)

ルイス・ハーツ『アメリカ自由主義の伝統』(講談社学術文庫、1994)

点検読書59

①政治思想史――アメリカ

②ヨーロッパと異なり、アメリカは封建制のない国であったため、ジョン・ロック的な自由と民主・所有権の結合がアメリカニズムとして成立した。それが自由民主主義の絶対化につながり、社会主義への無意識の拒否反応を示す市民精神となっている。

③ヨーロッパ的概念でアメリカを分析、アメリカ独立革命の思想、自由を飲み込み民主に対抗する資本主義的民主主義、南北戦争における南部の論理、社会主義の挑戦と挫折、ニューディールと外交。


人気ブログランキングへ

2015年11月 7日 (土)

竹内薫・竹内さなみ『シュレディンガーの哲学する猫』(中公文庫、2008)

点検読書34

①哲学史

②哲学とは、文系と理系とを越境する知の営みである。

③ウィトゲンシュタイン、サルトル、ニーチェ/ソクラテス、カーソン、サン=テグジュペリ、ファイヤアーベント、廣松渉、フッサール、ハイデガー/小林秀雄、大森荘蔵

以下、本書で取り上げられた哲学用語

ウィトゲンシュタイン
言語ゲーム:言葉に真の意味などなく、あるのは使われ方である。意味を与えるのは使っている人間である。

サルトル
プロジェ(投企):自分で自分の将来を投げかけること。つまり、人に命令されたり、流されたりするのではなく、自分のことは自分で決める。
アンガジュマン:積極的な参加。その参加は全人類に影響を及ぼす。 例:結婚 一夫一婦制の支持者を二人増やすことで全人類に影響。

ニーチェ
「永劫回帰」:寸分違わず同じ人生を何度も繰り返す。
        →実存主義への影響
         同じ後悔を永久に繰り返すなら、自分の決断で生きた方が気分が良い(?)

ソクラテス
「不知の知」:自分がいかに知らないか、ということを直視できる人の方が、結局は智慧がある。
        →分かったふりをするより、分からないことを自覚して学んだ方が良い。

サン=テグジュペリ
「存在論」=「形而上学」:モノの存在について考えること。
「認識論」:存在するものを人間がどうやって見たり、聞いたりして理解するかについて考える。
「倫理学」:人はいかに生きるべきか。
→『星の王子さま』は形而上学と倫理学の書。

フッサール
「現象」:「真の存在」に対する「見かけ」(=意識に写ったもの)
     現象学とは人間が意識を向ける方法について考えること。

ハイデガー
ニーチェの「存在」論
ソクラテス以前の「存在」:なること、つくられつつあるもの=ディオニュソス的精神(動態)
ソクラテス以後の「存在」:既につくられてそこにあるもの=アポロン的精神(静態)
「現存在」=人間:存在とは、今まさにある人間の視点からあるもの。
           人間とは「存在」と設定している「現場」である。
「時間」:本来性  将来の確実の死を常に意識し、過去を反復した時間を生きる。
     非本来性 死から目を背け、過去を忘却し、目の前にあるものだけに関わる。
            →何も考えていない状態。

カント
人間の認識
感性(sensitivity):感覚器官による情報。
悟性(understanding):情報の理解。
理性(reason):悟性を統括。


2015年10月27日 (火)

加地伸行『中国人の論理学』(ちくま学芸文庫、2013年)

点検読書23

①思想史――中国

②中国人の現実主義・事実主義の思想的背景には、即物的な「実」重視の論理があり、名目と実際が分離した時には「実」を優先させる。

③表意文字としての漢字の特性、古代中国の「名実論争」、現代中国人の「実」優先思考、中国文化、経学における論理、日本人との比較。これらを検討することによって中国人の思考の独自性を考察。

2015年10月11日 (日)

点検読書7 木田元『反哲学入門』(新潮文庫、2010)

点検読書についてはこちら

①哲学――哲学史

②ソクラテスから近代までの哲学は、西洋の特殊なものの見方であって、普遍性はなく、それ以前とニーチェ以後の人間そのもの=存在を問題とする「反哲学」こそ価値がある。

③「反哲学」の立場についての説明に続き、ソクラテス、プラトン、デカルト、ヘーゲルなど「哲学」史が語られた上に、「反哲学」のニーチェ、ハイデガーについて解説される。

コメント
「哲学」とは、我々が生きている自然界とは異なる超自然的視座から自然界=現実を評価するという独特の見方で、これは時代により、イデア、神、理性(自然法)などと名前を変えて、ヨーロッパ思想を規定し続けてきた(ギリシャ・ローマの神が人間に似た神なのに対して、キリスト教の人間観が神の似絵というように、自然界を基準としたものから、超自然界を基準にしたものへと転換している)。本書では、日本の哲学者についてほとんど語られず、丸山眞男についての言及が多いのが特徴的である。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31