ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

福澤諭吉

2016年8月26日 (金)

福澤諭吉「日本婦人論」

点検読書224

『明治文学全集8 福澤諭吉』(筑摩書房、1966年3月10日)、所収。
1885年(明治18年)6月4日から12日まで『時事新報』社説で掲載。


日本思想史――福澤諭吉


西欧諸国に対抗しうる国家をつくるためには、日本人の人種改良が必要である。他力として考えられるのは雑婚であるが、自力として考えられるのは日本婦人の心身を強化することで、心身ともに健康な子孫を増やすことにある。そのためにも、徳川時代以来の封建道徳がつくりだした男尊女卑をあらためて、女性に財産権を持たせることで責任意識を育て、また適度な性欲を満足させることで健康な身体をつくりだすべきである。


8部構成

1:人種改良の方法としての婦人の心身の活発化

2:婦人への財産権の確保

3:人生の三要素(形体、智識、情感)

4:婦人の再婚を蔑視する風潮は情感をそこなう

5:看過されてきた婦人の健康と性欲(「春情」)

6:婦人の再婚が普通だった中世の日本

7:男女平等の家族の具体案

8:男女平等こそが人種改良の近道

コメント
 福澤諭吉は、雑婚による人種改良論者でした。彼が、強烈なナショナリストであったことは知られていますが、民族主義者だったのではありません。今ある日本列島に存在する政権が外国に蹂躙されて、独立が維持できないことに危機感を持っていたのであって、歴史的に形成された「日本人」という民族性を守りたかったわけではありませんでした。
 その点で、福澤と対比される加藤弘之が、日本には残すべき伝統などないし、個性があるとすれば皇室と日本民族だけなので、もし人種改良しなければ滅びてしまうような弱い民族なら滅びてしまったほうが良い、と優勝劣敗の社会進化論者らしい考え方とは異なります。加藤の方がスッキリしていますが、民族主義者なんですね。
 で、非民族主義者の福澤も雑婚以外の人種改良の方法を考えていたのです。それが本稿の「日本婦人論」で、その内容とは女性に財産権をあたえて責任感をもたせること、具体的には遺産分配の際に女子に不動産を優先させるなどの処置によって私的財産を確保することなどです。また男女平等の婚姻を実現するために、結婚後の姓の創設。つまり、畠山氏と梶原氏が結婚すれば、山原氏になるなど、嫁入り・婿入りというカタチで家名を残すという習慣を改めることを主張しています。もっとも福澤は、本人が親でない人を親と呼ぶことはできない養子制度が大嫌いだったので、そうしたものを必要とする家名というのが不合理だからともいっていますが、かなり急進的な核家族主義者です。また、離婚の権利を平等にすることを主張しています。
 しかし、本稿の最大の特徴は、日本婦人の性欲の問題を認知すべきということです。かねがね日本社会では、妻妾が性的に不遇であった、と福澤は述べます。つまり、大名であったら正妻や愛妾は江戸の藩邸に残されて、大名自身は本領に数人の妾を置くことができます。また、一般武士や商人たちも、藩用や仕事で長期に家を空けることがありますが、交通事情が不十分なために妻妾を家に残していきます。そして、妻妾たちが、家で虚しく過ごすのに対して、男たちは現地で花柳の春を買いに行きます。これでは不平等である、といいます。
 もっとも、福澤は、自分は妻以外女は知らんというほど、性道徳に厳しい人物でしたので、婚姻関係にある婦人が性的に自由を謳歌せよ、と主張しているわけではありません。問題なのは、夫の死別後の寡婦です。通常、妻に死別された夫には、再婚の話が来やすいのに対して、夫に先立たれた妻が再婚することを喜ばない風潮がある、と福澤はいいます。現に、異母兄弟というのは世間に多いものの、異父兄弟というのは少ないのではないか。そうした指摘をするのです。実際のデータがないので、どうとも言えないのですが、福澤の実感ではそのようになっていたというのです。福澤によれば、これは男女平等に反するといいます。
 福澤が言うには、形体と智識と情感という三要素を満足させることが人生の目的となります。形体というのは体の健康ですからしっかりとした食事を摂ることです。智識は学問をすることです。そして情感というのは快楽を得ることによって満足します。食事を過度に摂取すれば身体の健康を損なうように、それぞれ適量の摂取が必要となります。しかし、これまでの健康に関する考察には、性欲に関して看過してきたのではないか、と福澤はいいます。この性欲の満足を得ない場合、一見健康であるものの、神経病などを発するのではないか。現に、大名の子と言うのは、衛生状態や栄養状態が良いにもかかわらず、虚弱な子が多いではないか。それは、母親の方が室内に閉じ込められた上に、主人の寵愛を常に受けられるわけではないという不満と不安が、健康を損ね、子供にも影響を与えているといいます。
 おそらく福澤の理想は、一夫一婦制を確実に実行し、適度な性生活を送ることが良いことで、不幸にも離婚や死別した際に、女性が再婚することへの世間の目を和らげることが大切だ、ということになるでしょう。
 その点で、現在でもそうした目が世間には残っているので、まだまだ福澤の考えは古びていないのではないか、という気がします。その点で、谷原章介夫妻は、福澤基準で言うと立派な家庭なのでしょう。
 さて、福澤の「日本婦人論」の本筋の内容はそんなところなのですが、一箇所気になる部分があります。東洋における男尊女卑の風潮のところで、儒教の影響が強い朝鮮では、夫と死別した寡婦の再婚には厳しい制限がある上に、婚約中に相手が死んでしまったら後家とみなされて結婚できないので、寡婦が多い、という記述があります。しかし、こうした風習には抜け穴があって、性の相手を周旋する「慇懃者」というものがあるというのです。

「深窓の少寡婦も陌頭の楊柳と共に春風に吹かれて死灰自から温気を催ふすときは、傍より竊に其温度を窺ふて通情の道を周旋する者あり。之を慇懃者と云ふ。朝鮮にて慇懃者の盛んなる、恰も一種職業の体を成して、其手に依頼するときは男女共に意の如くならざるはなし。」(115頁)

 この「慇懃者」を利用するのは、若後家だけではなく、夫に相手にされない老妻や妻妾間の争いに敗けた者、夫が単身赴任している者などがいるそうです。儒教の国という外面の厳しさの裏には人情の機微にふれる裏の制度がある、と述べる下りで以上のようなものが紹介されています。しかし、これはグーグル先生にお伺いを立てても、とくに出てくるものではないので、出典が何か、というよりも朝鮮の風俗に関する歴史を調べなければならないのかな、とも思っております。

評価 ☆☆☆

よろしければクリックお願いします。


本・書籍 ブログランキングへ

2012年2月23日 (木)

立国は私なり、公に非ざるなり

さきほど国会中継をみていたら、福澤諭吉の「立国は私なり、公に非ざるなり」を引用して、個人個人がしっかりしなければ、国は成り立たない、というような趣旨のことを言っていた。

よくこの言葉を引用して、個々人の自立を促して、国家に頼らないようにしよう、という主張をする人がいる。たしかに福澤諭吉は

「人々自ら己れの利を謀りて、他人に依頼せず又他人の依頼を受けず、一毫も取らず一毫も与へずして、独立独行の本文を守りたらば、期せずして自から天下の利益となり、天下は円滑に治まるべし」(「漫に大望を抱く勿れ」)

というように、国家はもちろん他人の世話になるようなことのない個人の育成と、そうした他人同士が競争する市場社会化を目指していた。そして、その強い個人によって構成される国家という意味で、

「一身独立して一国独立する」(『学問のすゝめ』第三編)

という言葉もある。

しかし、「立国は私なり~」と「一身独立して~」は、文脈の中身が異なっている。

後者の「一身独立して~」は、物の考え方や経済基盤で独立したものを持ってないような者は、「他によりすがる心」が生じる一方で、国の支配を人任せにしているため、「報国心」がないとされ、「人に依頼する者」は他人にへつらう心があるから、外国人に対して毅然とした態度を取れない、「独立の気力なき者」は強者を利用して「悪事」をなす。こうしたものばかりでは国は守れないから、しっかりと教育すべきである、というナショナリズムの主張である。前記の議員さんが、もし引用するなら、こちらの方がふさわしかったであろう。

前者の「立国は私なり~」は、国家よりも個人が大事、とたまに誤解する人がいる。しかし、これは「瘠我慢の説」の冒頭にある言葉で、人々が世界のいたるところに生活していても「各処におのおの衣食の富源あれば之に依て生活を遂ぐ可し。又或は各地の固有に有余不足あらんには互に之を交易するも可なり。即ち天与の恩恵にして、耕して食ひ、製造して用ひ、交易して便利を達す」るのだから、「何ぞ必ずしも区々たる人為の国を分て人為の境界を定むることを須ひんや」と記したように、自然の状態では国家や国境などなく、各地に固有の不足したものや余ったものを「交易」すれば足るのに、何故人々は「人為の境界」などを必要とするのか、と問う。市場社会がうまく回れば、国家など必要ないのに、と。

にもかかわらず、国家を必要とするのは「私情」である、と福澤はいう。現在の世界において人々が国民として他国の人民に臨む場合には、こうした市場社会の原則のような普遍性を前提とするわけにはいかないと考えた。つまり、そこでは自国の同胞に対しては他国の民に対するのとは異なった特別の愛着が作用するというわけである。

福澤は、国家のない状態を「公」、ある状態を「私」とし、後者を否定的に捉える思考を前提にしている。『文明論之概略』第七章で唐突に語られる戦争も支配も服従もない「文明の太平」というユートピアを語っていたが、そこにも国家はあるようでないようなものである。

それにもかかわらず、「私情」である国家への「報国心」や「忠君愛国」が、今の国際関係では必要であることを訴えた主張として、「立国は私なり、公に非ざるなり」と述べているのであって、個人の独立心が大事、と言ってるのでもなければ、国家よりも個人が大事、と述べているのではない。しかも、「報国心」(「私」)が普遍原理(「公」)にくらべて異常なものであると理解して述べているのだから、自然な感情としての「パトリオティズム」というより、意識的に持たなければならない「ナショナリズム」の主張といえるだろう。そもそも「瘠我慢の説」が、徳川政権に殉じないで明治政府に高官として登用された勝海舟と榎本武揚を批判した内容なのだから、当然といえる。

だから、「何故、国境なんてあって、みなで争いあうんだろう?」という言葉に対して使う言葉で、自立した個人の確立とか、個人が何よりも大事、という時に使うものではない。また、福澤は、国内の自由競争を強く求めたが、対外貿易に関しては異なる考えをもっていた。「経済ナショナリスト」の方には便利な言葉かもしれない。

昔の偉い人の言葉を使うのも、文脈を考えて慎重にしませんといけませんな。


人気ブログランキングへ

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31