ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

坂本龍馬

2015年12月21日 (月)

西郷、龍馬、そして幕府再評価

 昨日取りあげた鶴見俊輔編『日本の百年1 御一新の嵐』によると、西郷隆盛は、明治新政府に満足しない人たちが、その不満を託するもっとも適切な人物であったという。西郷自身は、幕末期の政治構想や人脈・政治的力量は高く評価されるものの、その最期に関するかぎり旧士族にかつがれた素朴な軍人かも知れない。しかし、彼の新政府の批判者として屈することなく戦った彼の姿勢とその死はさまざまな空想を生んだという。

 例えば、以下のような西郷に対する空想や思慕が生まれた。

1.幕府側諸藩出身者

内村鑑三
 内村は、高崎松平家(譜代八万二千石)家臣馬廻格五十石取りの家に生まれている。その彼の著書『代表的日本人』には、日本の維新は西郷の維新であり、西郷は清教徒革命のクロムウェルの比せられるべき人物として取りあげられている。

新渡戸稲造
 新渡戸は、戊辰戦争の際に官軍と戦った盛岡藩(外様二十万石)の藩主の用人の子として生まれている。彼もまた英国人に西郷を説明する際に、西郷は米国のリンカーンに比べ得る人物である、と述べたという。

2.右翼

 右翼一般において、西郷は理想的人物像として尊敬の対象となっており、大川周明にとっては、自分の母親と西郷とはひとしく自分の生涯を安楽にしてくれたありがたい導師である、と述べている(『安楽の門』)。

3.大衆文学

 大衆文学において、西郷はかっこうの題材となり、林房雄『西郷隆盛』(1939~70年)、海音寺潮五郎『西郷隆盛』(1955~56年)をはじめとして多くの小説の主人公となっている。しかし、これら史伝タイプの伝記小説ではなく、西郷の影を追う伝奇小説への影響も見逃せない。その一つが押川春浪『武侠の日本』(1902年)で、そこではフィリピン独立運動の謎の軍師として、生きていた西郷を登場させている。また獅子文六『南の風』(1942年)では、カンボジアにあらわれた西郷の落し胤を迎えて新興宗教をつくろうとする筋書きとなっている。

4.尊敬する人

 次に「尊敬する人物」としてあげられる西郷である。

 1938年11月の東京帝国大学の調査
1位 西郷隆盛225票 2位 ゲーテ132票 3位 キリスト105票 4位 東郷平八郎99票 5位 釈迦93票 6位 吉田松陰90票 7位 カント85票 8位 乃木希典62票 9位 日蓮62票 10位 野口英世 58票

他を押しのけた西郷人気である。宗教家・軍人人気の中に野口英世が入っているあたり、昭和期の子供向け伝記シリーズの常連になる素地ができていたということか。

 ちなみに1963年の東大法学部の調査になるとこんな感じである。
1位 シュバイツァー51票 2位 マルクス24票 3位 矢内原忠雄21票 4位 ラッセル16票 5位 リンカーン14票 6位 ベートーベン13票 7位 福澤諭吉11票 7位 毛沢東 11票 8位 ナポレオン11票 10位 レーニン10票

 人道主義、平和主義、共産主義、民主主義、ナショナリズムと戦後の時代の混沌とした社会思想を感じ取れるような気もするが、本当の2位は「自分の父母」28票であった、というのも「公」のためではなく「私」の優先・肯定が浸透した時代でもあったのだった。

 以上のように、西郷は明治後半から昭和にかけての人々惹きつける何かがあった。それについて、鶴見氏は、押川春浪に見られるようにアジア的改革とアジア連帯のシンボルとして、また内村鑑三に見られるように明治の革命に対する再革命の理想を掲げる永久革命の理想像としての西郷像があったのだろうと指摘する。そしてまた、自分を慕って集まってきた青年たちの至らなさまで含めてその全体を愛し、ともに死ぬという共同体との心中を美しいと感じる日本人の美意識もあったのではないか、とも。

 しかし、西郷ほどではないものの、戦前の大衆意識の底流にもう一人の理想像があった。それが坂本龍馬であった。その坂本の大衆文化でのあらわれは、「月形半平太」として誕生した。

 月形半平太は、1919年6月、大坂弁天座で初めて演じられ大当たりとなった幕末時代劇に登場するオリジナルキャラクターであった。その名は劇作家の行友李風の命名によるが、福岡藩士の月形洗蔵と土佐藩士の武市半平太に由来するものの中身は坂本龍馬であった。

 第一次大戦後の平和と民主主義の理想に照らして、明治維新の志士から、尊王攘夷から尊王開国へと政治的シンボルを転換させ、また幕末維新期の土佐の公議政体派の源流の一つでもある坂本をモデルとして選ばれたのではないか。その月形は、その転換ゆえに、かつての同志から裏切り者と呼ばれて殺される。一部に根強い龍馬暗殺の盟友黒幕説の高い支持の淵源は、月形にあるのかもしれない。

 もう一つの重要な明治維新解釈がある。それは、幕府再評価である。例えば、津田左右吉『幕末における政府とそれに対する反動勢力」(『心』1957年3・4月)は、明治維新に際して、武力を元に改革をおこなった尊王攘夷派によって維新のコースは歪められた。明治の改革のより良いコースは幕臣の中の良識派の構想の中にあったが、その構想は実現されることなく、その後、百年かかった、と明治政府の否定・幕府再評価を行なっている。これは、津田左右吉の戦後もしばらく経ってからの論文であるが、保守系雑誌『心』に掲載されたものという経緯から考えると、戦後日本の革新勢力に対して、戦前の自由主義派による改革というものを擁護する意識があったのかもしれない。

 以上のように、西郷、龍馬、幕府再評価と並べてみると、どれを好むかによって、自ずとその人の政治傾向が見られるだろう。

反体制感情を持つ人    → 西郷

体制内改革の気分の人  → 龍馬

体制派知識人的な保守派 → 幕府再評価

 西郷を好む「反体制感情」というのは、その体制まるごとの革新を目指す人々である。明治国家においては、反藩閥政府であり、反西洋化であり、反資本主義、反国体などの感情で、戦後日本においては反自民党、反米、反資本主義、反戦後憲法などの志向がある人が西郷に親しみを感じるのだろう。
 一方、龍馬を好む「体制内改革」というのは、明治国家においては、帝国憲法を否定せずにその枠内で平和主義・民主主義の実現を図ろうとする人々であり、戦後日本においては戦前の軍国主義を否定しつつも憲法改正を支持する親米派、その上で社会主義革命などラディカルな改革には慎重で、政権交代可能な二大政党制の確立など、穏健な民主化を進めるタイプの人かもしれない。戦後における坂本龍馬人気は、元サンケイ新聞記者で『サンケイ新聞』に連載された司馬遼太郎の『竜馬がゆく』ということを考えれば、大体そんなところでしょう。当時の『サンケイ新聞』の路線は、あくまで反共・自民支持であって、軍国主義の日本を肯定しようという傾向はあまりなかっただろうし。司馬が、明治は良かったけど昭和はダメという主張であったし、また西郷が苦手と考えているあたり、革命幻想はなかったであろう。

 最後の幕府再評価は、政治的改革などには興味のない知識層であろう。かつての左翼系の知識人は、明治維新が好きだった。やはり何といっても体制が変革するというカタルシスと下級武士をも含めた民衆のエネルギーに肯定的であったからだ。その一方で体制化した維新政府に対しては批判的という、一貫した反体制派であったのである。しかし、近年の知識層は、社会主義革命などの民衆のエネルギーを背景にした変革に興味を失っているし、現状を肯定している。だから、彼らは、表面上は民主主義を肯定するが、民主的に選ばれた首相が何か改革しようものなら、反対の姿勢を明らかにし、そうした指導者を支持する大衆を軽蔑している保守的な人びとである。ここでの「保守」とは、何ら思想的の意味のない現状肯定である。民主主義的背景を元にした憲法改正には反対、行政改革には反対、経済政策の転換にも反対といった「保守」である。

 言ってみれば、エリート主義なのである。

 そのため、知的に劣る下級武士による革命よりも、幕臣たち知的エリートたちの改革にシンパシーを感じ取る。そういった感じではないか。

 近年は、西郷人気はあまりない。どうも、革命幻想というのに人々は辟易としているのである。そして、これは革命を成し遂げて体制派になった維新の元勲たちの人気の低さにも感じられる。その一方で、西郷同様に可能性の理想像として民衆に支持の高い坂本龍馬と、龍馬と龍馬好きを軽蔑して幕府を再評価する知識層。この二分化が、現在見られるのではないか。そんな風に感じた。


人気ブログランキングへ

2011年11月17日 (木)

坂本龍馬に関するどうでもいい雑感

少し前のNHKBSの歴史番組で龍馬「暗殺」について取りあげられていて、出演していた『龍馬史』の著者・磯田道史さんが、20年ぐらい前までは新選組が犯人だと思われていたが最近は見廻組で一致してきたと話すと、ゲストの光浦靖子さんと島崎和歌子さんが「新選組じゃないんですか」と口をそろえていい、番組として見廻組でまちがいなしと史料と映像を交えて論じられたにも関わらず、光浦さんと島崎さんは「まだ疑問が残るんですね」と述べていて、ずっこけてしまった。

もしかしたら、番組として両論併記というかたちで終わらせるための演出だったのかも知れないが、磯田さんが監修したとも思われる番組の内容は何だったのか、という番組の終わりであった。

で、ふと思ったのだが、「新選組」説が一般というのはどっからきたんでしょう。

もちろん、事件当時から疑われており、土佐藩ではかなり後までそう思っていたようだ。事件直後の御陵衛士らの証言では、遺留品の鞘は原田左之助のものとされたし、戊辰戦争の時に捕まった近藤を始めとする新選組の隊士に対して、龍馬の事件をとりあえず聞いている。

坂本龍馬を世に知らしめた坂崎紫瀾『汗血千里の駒』では、実行犯は近藤勇、土方歳三、黒幕は三浦休太郎となっている(岩波文庫、二九八~三〇三頁)。後の天満屋事件が単に海援隊士の暴走ではなかった、と表すためだったであろうし、明治十六年に連載されていた頃はそのように思われていたんだろう(原田ではなく、近藤・土方としたのは知名度の差だろう。多分小説的に面白いように)。後々、今井信郎の談話が本人に無断で世に出て(『近畿評論』、一九〇〇年)、さらに日露戦争時の皇后の夢枕に立ったというエピソードで一躍時の人となった龍馬を「無名」の人間に斬られたんではたまらんと谷干城が反論した時(一九〇六年)も、真犯人の詮索は歴史家に任せるといいつつも、事件当時に疑った新選組説を捨てがたい気分だったろう。

だいたいこの線で新選組説が述べられていたようだが、しかし、不思議なのは龍馬を一般に有名にしたのは、司馬遼太郎『竜馬がゆく』だとよく耳にするが、そこでは犯人は佐々木只三郎ら見廻組であるとしている。龍馬のイメージを司馬がつくったんなら、最期も見廻組説とみんなが思っていないと、どうもおかしいような気がする。

戦前も龍馬はそれなりに人気で何度か映画になってるようだが、そこではどのように描かれていたんだろうか。戦後も司馬の影響で映画やドラマで龍馬が描かれるが、殺害者はどんなふうだろうか。光浦さんたちの世代で観てるかも知れないなと思わせるのは、『幕末純情伝』(一九九一年)の女性剣士の沖田総司が斬った、というのと、浅田次郎原作で齋藤一が実行犯の『壬生義士伝』(ドラマ二〇〇二年、映画二〇〇三年)が印象に残っているのか。

私が、坂本龍馬を知ったのは、小学館の児玉幸多監修『少年少女人物日本の歴史』の『坂本龍馬』(一九八七年)だったと思う(誰かから貰ったような気がしたが、意外と「新しかった」んだな。驚き)。で、暗殺シーンはけっこうぼかしていたような記憶があって、「誰か」というのは分からないか、欄外に解説があったのかも知れないが記憶にない。しかし、見廻組なんて知らないだろうから、名前だけは知ってる新選組なんだろうな、と思ったのかも知れない。

次に読んだのが、川原正敏『修羅の刻』の第二巻(一九九〇年)だった。この漫画では、伊東甲子太郎説を採っていた。子供心に何か斬新な気がしてしばらくこれを信じこむ。また龍馬は強かったらしいという話も信じこむ。

中学時代では、宮地佐一郎とかの本を読んで、免許皆伝は怪しいらしいとか、黒幕説などの説明があって、見廻組がやったとか書いてあって、見廻組を初めて知り、「斬新だ」と思って信じこむ。で、当時連載中の小山ゆう・武田鉄矢『おーい!竜馬』(一九八六~九六年)を読んで、幕末登場人物のイメージが固まる。赤ちゃんみたいな顔した望月亀弥太が新選組隊士を何人か葬っているというのは今だに信じられん。で、ここでの暗殺シーンは、これ以前の回で新選組など幕府側、薩摩など討幕側が龍馬を殺してもおかしくないような描写があって、ラストは「何者か」によってやられている。

この間に司馬の小説を読んでいて、「佐々木只三郎か~」とか思ったもんである。その後、龍馬に関する興味は特になかったので、中学時代の知識はすっかり抜け落ちて、龍馬を斬った男=佐々木只三郎と思っていて、5、6年前ぐらいに佐々木は指揮と見張りで実行犯は今井信郎、渡辺吉太郎、桂早之助の誰からしいと知り、今井が斬ったのかな、と考えるにいたった(黒幕説にはあまり興味がなかった)。

だから子供の時しか新選組説を信じておらず、二〇〇二年のテレ東のドラマ『壬生義士伝』で竹中直人演じる齋藤一が実行犯であるというのを観て、初めて新選組の犯行を描いた作品に出会った感じがあった。また、近藤勇が龍馬を斬る、石川雅之『人斬り龍馬』(二〇〇五年)を読んで、「古風だな」と印象を持ったが、私の知る限りでは新選組犯行説は、これぐらいしかない。

とすると、「一般」のイメージとは、幕末で龍馬の次に有名なのは新選組で、新選組=「人斬り集団」というイメージが龍馬「暗殺」=新選組の犯行という図式が生まれたのだろうか。

では歴史ファン以外の一般人への司馬遼太郎の影響は何なのか。見廻組説はそれほど一般的ではないし、司馬の龍馬は描き方はが基本的に無口な人物と描写されていたように思うが、これも一般のイメージと異なる(史料的に確かめられる龍馬も手紙の饒舌さとは異なり、無口で、話す時は間延びして喋ったらしい)。やはりこれも司馬自体を読んでではなく、司馬を読んだ誰かの創作した映画、ドラマ、漫画に出てくる剣が強く、明るく気さくで、何ものにもとらわれない自由な発想をする龍馬像を皆がイメージしている、そして、龍馬の最期は先の学習漫画や『おーい!竜馬』のように基本的にミステリーとして描いているため、人斬りとして一番有名な新選組の犯行と組み立てられたのだろうか。

で、昨年の今頃、大河ドラマ『龍馬伝』で、今井信郎が止めを刺していて、今までぼかしていたり、近年の大河では犯人は佐々木只三郎で薩摩が黒幕とか描かれていたらしいのに(あんま観てなかったので記憶にない)、初めて大舞台で今井だよ、と、これは「斬新!」と思ったのは記憶に新しい。

ここ最近、歴史マニアやオタクではなくライトな歴史ファンで見廻組説が優勢になったのは、三谷幸喜脚本の大河ドラマ『新選組!』(二〇〇四年)だろう。しかし、この作品で薩摩黒幕説を演出したために、一時期これが人気になった。薩摩説は、蜷川新『維新正観』(一九五二年)で言われはじめ、それをヒントに『六人の暗殺者』(一九五五年)で描かれたらしいが、それの単純なリバイバルではなく、実行は見廻組で動かないが、黒幕は薩摩というのがキモらしい。

木村幸比古氏『龍馬暗殺の謎』(二〇〇七年)で、松平春嶽が事件の翌日に「芋藩の姦策」というのを見て、同時代でも疑われてた、と書いているが、単純にこれは武力討幕の「姦策」が土佐藩の尽力によって「破れたる形勢」になったと述べているだけで、誤読だろうなという印象(七六~七七頁)。磯田道史さんによると龍馬も戦争を避けたいとは思っていたものの、戦争の予感はあったし、その覚悟はしてたらしいから(一三八頁以下)、武力討幕派にとって邪魔というのはないでしょう。

しかし、昨年の『龍馬伝』で今井の犯行、徳川治世を終わらせようとする龍馬を許せなかった「ラストサムライ」として描いていたので、今後はこの「通説」がやっと常識になるんだろう。空知英秋『銀魂』にも今年、見廻組をモデルにした組織が現われて、名前があるキャラクターは佐々木只三郎(作中は異三郎)と今井信郎(作中は信子)だった。大河ドラマ偉大なり、というところか。

2010年12月24日 (金)

坂崎紫瀾・林原純生校注『汗血千里の駒・坂本龍馬君之伝』、岩波文庫、2010年

大河ドラマ『龍馬伝』の終了に合わせるように岩波文庫で復刊。ドラマでは、本書の著者・坂崎紫瀾が岩崎弥太郎に坂本龍馬についてインタビューし、それを元にドラマが語られるという演出となっていた。しかし、自由党員の著者が当時、敵として叩いていた三菱の総帥にこんな事がありえたんだろうか、と疑問ではあった。本書は、一八八三(明治十六)年一月二十四日から九月二十七日まで『土陽新聞』に連載されたもので、連載中から単行本になるほど人気があったらしく、何度も版を変え出版されたらしい。また、本書は坂本龍馬を初めて主人公にした小説であり、本書刊行により「再発見」された龍馬は、明治中期以降のあらゆる回顧録には必ず登場するような著名人に仕立て上げられたといえよう。司馬遼太郎による現在ほどの人気はなくとも一九〇九(明治四十二)年の『冒険世界』付録の「世界英雄番付」でも幕末の人物では西郷隆盛や吉田松陰、佐久間象山、島津久光、高杉晋作についで前頭五四枚目で登場する。帝国憲法発布後ぐらいにいわれはじめた「維新三傑」の「西郷・大久保・木戸」の二名よりも人気がある(それより以前は特に彼らが傑出した人物とも思われず、岩倉具視とかが重要人物とされた)。

本書はその後の坂本龍馬伝説の原型をかたちづくっており、たとえば千葉道場の娘との恋愛(本書では周作、また重太郎の娘とされる)、山本琢磨の救済、勝海舟との出会い、お龍(本作では「お良」)の寺田屋での活躍、薩長同盟などが語られる。しかし、薩長同盟では木戸の回顧よりも従的な扱いで主導的な役割があったかどうか微妙な扱いで、大政奉還に関しては後藤象二郎の手柄であって、「船中八策」も「新政府綱領八策」も「新官制擬定書」も出てはこない。そのためか、後半は坂本龍馬はそれほど現れず、土佐藩からみた「幕末史」というような記述になっている。

以下、近年の龍馬伝説とは異なる記述を挙げる。

近年の龍馬はずいぶんと「優しい」男として描かれているが、本書では豪傑君である。武市半平太が躊躇した長州藩士による「横浜の異人館」焼き討ちに積極的であったり(七六頁)、仇討ちであっても人を斬り殺している(一三三頁。この事件は殺害された人物が後に生きており、真偽は怪しい)。

寺田屋での襲撃では、三吉慎蔵のほかに近藤長次郎が同席している。

霧島山には、夫婦で登ってはおらず、お龍と書生の二人で登っており、矛を抜いてしまうのはお龍(一八一~二頁)。

そもそも倒幕派であった龍馬は、大政奉還の上書を知ることで、倒幕の意志を緩くした(二六九頁)。

慶応三年十月十三日の二条城における徳川慶喜の大政奉還の表明の時に、坂本龍馬が同席し、後藤や小松帯刀より先に賛成の演説をする。

龍馬暗殺の実行犯は新選組の近藤勇、土方歳三ら、黒幕は紀州藩の三浦休太郎(二九八~三〇三頁)。

最後の近江屋事件は、土佐の先輩たる海援隊が後に三浦を襲撃したのが、単なる誤解の暴徒であるとしたくなかったんでしょうな。もっとも、明治新政府は近藤勇を龍馬殺害の罪で処刑しているし、明治初年に今井信郎が見廻組の犯行を認めているが、一般に知られたのはこの小説の後だ。

また興味深いのが、板垣退助がなぜ明治期に土佐藩のカリスマとなれたかが、元勤王党の人々が武市亡き後の指導者を探していて、慶応年間に倒幕へと転換した板垣を使って藩論を変えようとした、との記述(二五六~七頁)。後藤が明確に倒幕とはせず、また勤王党弾圧の主導者であったため選ばれず、板垣が選ばれたわけですね。

あと平井収二郎とともに切腹を申し付けられた間崎哲馬の筆記として、桂小五郎が語った話として、孝明天皇は「開国」は時勢であるため仕方がないが、条約勅許を認めなかったのは徳川政権がなしくずしに「開国」を行なうのは容認しがたいとして時を待つ方針だったと述べているところ(一一二~三頁)。二〇〇〇年以降の通史では、たしかに孝明天皇は「単に異人が嫌ッ!」という感情ではなく、「幕府」の頑張りを督促するためという解釈になってますな(例えば、宮地正人「太政官体制」、宮地正人・五味文彦・佐藤信他編『新体系日本史・国家史』山川出版社、二〇〇六年、四〇六頁)。いつからこうなったんだろうか。

それはともかく、詳細な注と人名解説があって便利な本です。

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31