ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

« 青空文庫を読む(4) | トップページ | 加藤弘之とフルベッキ »

2017年3月28日 (火)

青空文庫を読む(5)

番号は前回のつづきになります。

32.津田左右吉「日本歴史の研究に於ける科学的態度」

 古代史は、文献資料に関する限り確かめようがないので、古代の人がそう思っていたという思想史・精神史研究の材料であって、歴史事実として利用する必要はない、と主張した作品。結局、何らかの物証が出るまでは、そうした態度が「科学」的かもしれません。

33.狩野亨吉「歴史の概念」

 正直、分かったような分からないような。

34.喜田貞吉「旃陀羅考」

 副題は「日蓮上人はエタの子なりという事」。本人がそう書いているし、そういう風に書いている書物も江戸時代ぐらいからで始めているが、実際はどうか、というもの。「漁師の子」なので、殺生に関わっている職業の子と言うことで、仏教的基準から本人がそういう風に述べたものだろう、とのことです。

35.三木清「政治の論理と人間の論理」

 三木清の時代から、ソ連の「非人間」的政治状況について言及されていたんですな。そう考えると、日本の共産党に同情的であったからといって、ソ連のスパイというような雑な歴史観が時折顔をだすのは如何なものか。ソ連とは別の要因があったことも考えるべきでしょう。もちろん、現在においても。

36.木下尚江「幸徳秋水と僕」

 管野スガとの関係について問いただされると、「然し君。僕の死に水を取つて呉れるものは、お千代だよ」と自分の妻の名前を上げて恬然とする秋水に対して、木下もその言葉に「僕は胸がカラリと晴れた」とかいっているのだから、いい気なもんである。


本・書籍ランキング
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 青空文庫を読む(4) | トップページ | 加藤弘之とフルベッキ »

青空文庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1446948/69993545

この記事へのトラックバック一覧です: 青空文庫を読む(5):

« 青空文庫を読む(4) | トップページ | 加藤弘之とフルベッキ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31