ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年3月

2017年3月28日 (火)

青空文庫を読む(5)

番号は前回のつづきになります。

32.津田左右吉「日本歴史の研究に於ける科学的態度」

 古代史は、文献資料に関する限り確かめようがないので、古代の人がそう思っていたという思想史・精神史研究の材料であって、歴史事実として利用する必要はない、と主張した作品。結局、何らかの物証が出るまでは、そうした態度が「科学」的かもしれません。

33.狩野亨吉「歴史の概念」

 正直、分かったような分からないような。

34.喜田貞吉「旃陀羅考」

 副題は「日蓮上人はエタの子なりという事」。本人がそう書いているし、そういう風に書いている書物も江戸時代ぐらいからで始めているが、実際はどうか、というもの。「漁師の子」なので、殺生に関わっている職業の子と言うことで、仏教的基準から本人がそういう風に述べたものだろう、とのことです。

35.三木清「政治の論理と人間の論理」

 三木清の時代から、ソ連の「非人間」的政治状況について言及されていたんですな。そう考えると、日本の共産党に同情的であったからといって、ソ連のスパイというような雑な歴史観が時折顔をだすのは如何なものか。ソ連とは別の要因があったことも考えるべきでしょう。もちろん、現在においても。

36.木下尚江「幸徳秋水と僕」

 管野スガとの関係について問いただされると、「然し君。僕の死に水を取つて呉れるものは、お千代だよ」と自分の妻の名前を上げて恬然とする秋水に対して、木下もその言葉に「僕は胸がカラリと晴れた」とかいっているのだから、いい気なもんである。


本・書籍ランキング
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

2017年3月21日 (火)

青空文庫を読む(4)

番号は前回のつづきになります。

27.有島武郎「小さき者へ」

 母親と死別した子どもたちへの書簡のような形式で書かれた作品。モデルは自分自身なのでしょうけど、これだけ母親を失った子どもたちへの愛を語りながらも、数年後には夫ある婦人と恋愛事件を起こした末に心中してしまって、子どもたちに両親ともに失わせるのだから、やはり作品と作者は分けて読まないと感動は薄れますな。

28.三木清「哲学はどう学んでゆくか」

 一冊の本と格闘することが哲学理解の第一の道という考えなので、乱読派の私としては耳が痛いところです。

29.島木健作「赤蛙」

 ふと目にしたものに異様に心動かされることってありますよね。私は、以前、京都の天龍寺の庭園のベンチでみかんを食べている母子を見て、なぜか言いようにない感動を覚えたことを思い出します。

30.喜田貞吉「「日本民族」とは何ぞや」

 さまざまな民族が同化融合して「日本民族」が作られたという考え方なのですが、古代史における謀略によって他部族たちを従えていく物語を、「謀計を以てその巨魁を誅戮し、以て多数の民衆を安んぜしめ給うたのであった」との理解が新鮮でした。『日本書紀』などがあけすけにそういった話を書いているのを如何なものかと思っていましたが、そう考えると私も理念上の武士道的な発想にとらわれていたのかもしれません。

31.宮沢賢治「風の又三郎」

 昔読んだように思っていましたが、さっぱり覚えていませんでした。しかし、これって一体何の話だったのでしょうか。そして、多くの人は何に感動しているのでしょうか。



本・書籍ランキング
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31