ブログランキング

Amazonサーチ

無料ブログはココログ

« 「幕末」徳川政権の「開国」論⑤ | トップページ | 点検読書1 松村劭『戦争学』(文春新書、1998) »

2015年10月 5日 (月)

点検読書をやってみよう

「点検読書」というのは、M.J.アドラー・C.V.ドーレン『本を読む本』(外山滋比古訳、講談社学術文庫、1997年)にて、述べられている読書法です。

具体的には、「与えられた時間内にできるだけ内容を把握すること」で、その方法は以下の通り。

1.拾い読み・下読み
①表題・序文を見る:本の目的、取り扱う範囲、著者のもの考え方に注目、主題の把握。
②構造を知るために目次を調べる。
③索引を調べる:題目、範囲、引用文献を確認。重要語の該当箇所を2、3箇所読む。
④カバーに書いてある謳い文句を読む:論点の要約を読む。

以上で念を入れて読む必要があるかを判断。必要を判断したら、次を行なう。

⑤議論のかなめと思われるいくつかの章をよく見る。
 全般の内容が漠然と分かってきたら、重要な章のはじめと終わりの要約を読む。
⑥拾い読みしてみる。
 パラグラフを一つか二つ、長くても2、3ページぐらい。
 本全体を拾い読み、どこか大切なことが書いていないか気を配る。
 最後の2、3ページは必ず読む。

以上を数分から一時間で行なう。

次は以上を行なってさらにちゃんと読む必要があると考えられた場合。

2.表面読み
難解な本に初めて取り組む時はとにかく読み通す。
心がけることは、理解できるところだけを心に留めて、難解な部分はとばす。脚注、注解、引用文献は参照しない。
難解な本は再読するものと割り切る。

以上が、『本を読む本』で述べられている方法で、次にその本についてメモしておくこと。

①どんな種類の本か?
 これは単純にジャンル分けで良い。例えば、「小説」とか「歴史」。もう少し詳しく書けば、「歴史――日本史」ぐらいでよい。
②全体として何を言おうとしているか?
 拾い読みの①か④に書かれているので、そのまま書いてもいいし、大体の内容を自分でまとめて書いても良い。
③著者はどのような構成で概念や知識を展開しているか?
 内容には詳しくふれずに、本の構成だけ書く。目次の要約でも良い。

だいたいこれが点検読書である。
簡単にいえば、背表紙と題名しか把握していない本について何が書いてあるものか、全体をパラパラ読むものと考えれば良い。これなら、毎日、少なくとも一冊は読むことができる。

私のアレンジとしては、拾い読みに関しては毎日1冊行なう。1週間やった後で、その中で興味深かったもの週1冊を2の表面読みをする。次に1ヶ月後にその中でも重要そうなものを精読する。というのが良いのではないかと思っている。

というわけで、当ブログはひたすら点検読書の記録を載せていきたいと思う。基本的には、書名とメモ①から③、他に興味深い所があれば、別個にメモるという方法を取って行きたいと考えている。

本を買うのが趣味で積読が溜まってしまい、いるものいらないもの整理したいというのが、この目的ではあるのだが。

追記(2016年2月5日)
評価も入れることにする。

☆:ざっと見で良い。

☆☆:一度読む分には良かった。

☆☆☆:PDF化してとっておきたい。

☆☆☆☆:書籍として手元においておく。

☆☆☆☆☆:すぐに3回以上読め。


本・書籍 ブログランキングへ

« 「幕末」徳川政権の「開国」論⑤ | トップページ | 点検読書1 松村劭『戦争学』(文春新書、1998) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

点検読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 点検読書をやってみよう:

« 「幕末」徳川政権の「開国」論⑤ | トップページ | 点検読書1 松村劭『戦争学』(文春新書、1998) »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31